ミラドライとは?

スルメハラスメントという単語があるように強い臭気は周囲を不快にさせる恐れがあります。

 

人間は加齢臭を初め臭いに関する疾患も少なくなく、ワキガもその中の一つです。ワキガの要因は脇から出るアポクリン腺という汗腺から分泌される汗や細菌が関係してるとされます。

 

近年医療技術や機器の発展のより、ワキガの治療法も多く確立されておりミラドライは新たな対処手段だと言えます。

 

あまり聞きなれないワードであるミラドライは、ワキガ利用に用いられるものでありクリニックなどでは既に取り入られることもあり人気を集めてます。

 

かつてワキガの治療には皮膚を切開し器具を入れたり、原因となるアポクリン腺を取り除く手段でした。しかしミラドライの場合脇の下からマイクロ波を照射し、汗腺を焼いて破壊する方法で治療するため皮膚を切開しなくても良い利点が挙げられます。

 

ちなみにマイクロ波は水分に反応して加熱される性質を持ちますが、基本的に水分が多い汗腺を攻撃するだけなので血管や神経を傷つける心配は少ないです。

 

ちなみに施術時の痛みですが、基本的に局所麻酔を行うので激痛が体に走ることは少ないとされます。

 

手術後はケアはあまり必要ないですが、火照りや痛みを感じた場合に備えてアイシングや痛み止めを服用することもあります。ミラドライは2000年を過ぎた頃に確立されたものであり、歴史はまだ浅いです。

 

しかし今までのワキガ治療と比べて利点も多く、傷跡を作りにくいと共に施術時間が短いことが挙げられます。低リスクで高リターンな利益を得られるため、各クリニックで扱われてます。

 

またミラドライは汗腺を刺激して治療を行うので、多汗症治療にも用いることが可能です。これは多汗症の要因となるエクリン腺は電磁波照射でも破壊できるからだとされます。

 

しかしデメリットも少なくなく、まずは保険適応外であり費用の負担が大きいことが挙げられます。ワキガの一般的な汗腺除去の場合、費用相場は約4万円ほどですがミラドライの場合は数十万に上ることがあります。

 

またミラドライは利用手段が簡単なので、まだ経験の浅い医師が患者に使用することもあります。

 

その為切除よりも被害は少ないものの、完全に汗腺を取り除けなかったりシコリや痺れなどの後遺症が残る恐れがあります。

 

結果として数十万円もの資金を無駄にしてしまうケースも考えられ、施術を考える際はこの治療法の特徴をよく知って行うべきです。

 

最近ではワキガ対策のスプレーなども販売されており、症状を和らげることもできるので自分に合った方法を考える方が良いです。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを除菌↓

チチガ,対策,治療,ミラドライ

 

チチガの悩みTOPへ