ウルセラドライの効果はどんな効果がある?実はリスクもこんなにあるんです!

汗腺が原因によって発生するのがワキガの症状ですが、特に関連が強いのがアポクリン汗腺。もう一つの汗腺としてエクリン汗腺もありますが、こちらと異なり臭いの元になる分泌物を出してしまう汗腺なのです。

 

しかしワキガは治療をすることも可能であり、一つの治療法としてウルセラドライが挙げられます。

 

この治療法は高密度焦点式の超音波を発生させる機器を肌に当て、超音波の働きによってアポクリン汗腺を破壊することができます。

 

それによってワキガの症状を抑える効果を得られますし、汗腺が破壊されることによって多汗症を改善するという効果もあるのです。

 

ウルセラドライは切る手術ではありませんからキズが残ってしまうことがなく、すぐに日常生活に戻ることができるのがメリットと言える治療法です。

 

なお、この治療法はアポクリン汗腺があるところなら施術をすることができますので、ワキガ以外にも「すそが」や「ちちが」といった同じくアポクリン汗腺が原因になっている症状を改善させることができます。

 

こうした効果があるのがウルセラドライの特徴なのですが、一方でリスクがあることも理解しておいた方が良いと言えます。

 

まずウルセラドライによって火傷を負ってしまう場合があること。基本的には安全性の高い治療法とされているものの、しかしながら機器から発せられる熱の影響によって火傷をしてしまうこともあるのです。

 

特に施術に慣れていないところで受けると怪我のリスクも高まりますから、施術を受ける場合は実績のあるところを選んだ方が安心と言えるでしょう。

 

再発をする可能性があるのもウルセラドライを選択する際の注意点。ほぼ永久的に効果が続くというのが魅力の治療法ですが、しかしながら時には再発をして戻ってしまうケースもあるのです。

 

その場合、病院によっては保証を用意していたり、半額で受けられるなどすることもあるようですが、丸々実費になる可能性もあります。

 

ウルセラドライの場合は保険適用外となっていますから再度治療が必要になる場合ですと、高額の出費になってしまうことが予想されます。

 

ですからもしもの時のことを考えてきちんと保証があるところを選ぶことも大切です。

 

そもそもの効果が出なかったケースもあります。この施術は個人差がありますので、効果が劇的に現れることもあれば、殆ど変化がなかったという人もいるのが実情。

 

その場合には返金をしてもらうこともできませんから、高額の支払いをしただけで終わってしまうこともあるのです。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを除菌↓

チチガ,対策,治療,ウルセラドライ

 

チチガの悩みTOPへ