チチガの匂いはどんな臭い?男女で臭は違うのか?チチガと判断できる臭い臭の原因

夏の暑い季節になると気になるのが、体臭です。

 

何もしていなくても汗ばんでしまうので、匂い対策が欠かせない時期となります。さらにワキガ体質の人には、辛い時期となることでしょう。

 

ワキガ体質の人の中には、乳首から匂いを発生させるチチガである人もいます。

 

チチガ,対策,治療,臭い

 

そもそもワキガは、エクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺のうち、アポクリン腺から分泌される汗を餌にして、ワキガ菌が増殖することで発せられる匂いです。

 

アポクリン腺は、ワキガに代表される脇の下だけではなく、へその周辺や乳首、性器周辺に存在するため、脇の下のワキガを発症している人は、それ以外のこのような部位からもワキガ臭が発生する確率が高いのです。

 

ワキガ体質は、遺伝的な要素が大きくあり、両親がワキガ体質の場合、その子供に遺伝する確率は75%、片親がワキガ体質の場合は50%という高確率で遺伝すると言われています。これは、チチガにおいても同じです。

 

チチガの臭いの特徴は、主にスパイスのクミンの匂いを強烈にしたような臭いです。基本的には男女による臭いの違いはありませんが、チチガの場合、女性の方が臭いがきつくなることが良くあります。

 

その理由は、女性はブラジャーをしているからです。基本的にはワキガは、アポクリン腺から分泌された無臭の汗に、ワキガ菌が増殖することで強烈な臭いを発生しますが、衣類はその菌の温床となります。

 

つまり、蒸れて湿度が高い状態を好むわけですが、ブラジャーの存在がちょうどその温床になるということです。そういう意味で、男女によるチチガの臭いの違いはあると言えるのです。

 

そのため、臭いを軽減させるためには、頻繁に上半身の衣類を取り替えることが有効となります。

 

また、臭い移りを予防するためにも、できれば汗をかいたらすぐに衣類を交換した方が良いのです。

 

チチガは、女性の方が悩みが深くなることが多くあります。それは、胸が女性の性の代表的なシンボルだからです。セックスをするときに、相手に迷惑をかけたり、嫌われてしまったりすることに不安になってしまうのです。

 

チチガ,対策,治療,臭い

 

それを少しでも防ぐために、セックスの前には必ずシャワーを浴びることです。ワキガの臭いは、無臭の汗にワキガ菌が繁殖すると発生するという特性から、汗を流せば1時間くらいは無臭の状態を保てる可能性が高くあります。

 

また、ワキガについては、フェロモンの一種という考え方もあります。

 

すべての人が嫌な臭いと感じるわけではなく、その臭いに惹かれる異性もいるので、あまり悩みすぎないことも大切です。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを除菌↓

チチガ,対策,治療,臭い

 

チチガの悩みTOPへ