チチガ,対策,治療

チチガとスソガとケツガの内一つでもあれば全て起こる

チチガとは簡単に言えば乳首・乳輪のワキガのことです。

 

ワキガ体質ですと独特のツンとした刺激臭が出ますが、その臭いが乳首や乳輪あたりから出るようになってしまいます。

 

チチガ,対策,治療

 

不快に感じられ易い臭いということもあり、時には臭いが原因でパートナーが去ってしまうというケースも珍しくありません。

 

ではチチガはそもそのどのような原因で発生しているのかということですが、根本の原因にアポクリン汗腺の存在が挙げられます。

 

まず、人間にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つの汗腺が存在します。エクリン汗腺から出る汗は殆どが水分ですのでほぼ無臭です。

 

しかし一方のアポクリン汗腺からは脂肪や尿素、アンモニア、鉄分などの物質が分泌されます。そしてこうした物質が皮膚に存在する常在菌によって分解される時に臭いが出てしまうのです。

 

チチガ,対策,治療

 

ですからチチガ治療の際にも根本原因になっているアポクリン汗腺を破壊する方法がとられることがありますし、この汗腺がなければ独特の臭いが出てしまうことはありません。

 

では、なぜ人によって臭いが出たり出なかったりするのかと言えば、アポクリン汗腺の分布には個人差があるからです。エクリン汗腺は誰でも持っている普通の汗腺なのですが、ところがアポクリン汗腺の場合は違っています。

 

分布量はそれぞれで異なり、チチガの人の場合は多くアポクリン汗腺を持っている傾向があるのです。

 

なお、分布量は遺伝による影響が大きいとされています。ですから自身にチチガの症状がある場合、両親のいずれかが同様の体質を持っている可能性があります。そして自身が子供を作る時にもそれが引き継がれてしまうこともあるのです。

 

チチガ,対策,治療

 

チチガの主な原因はアポクリン汗腺であり、症状を改善する為にはこの汗腺を破壊するなりして対策をすることが大切と言えます。

 

しかしながら何らかの原因によって臭いを強くしてしまっている可能性もありますし、その習慣を改善することで臭いが軽減できることもあるのです。

 

臭いを強くする習慣に、例えば食事内容が偏っている場合が挙げられます。特に動物性タンパク質は臭いを強くする要因になり易い為、肉や魚、卵といった動物由来のタンパク質を多く摂取している場合は注意したほうが良いでしょう。

 

チチガ,対策,治療

 

ストレスを溜めてしまうのも良くないことです。交換神経を刺激して汗を出易くしますので、ストレスを感じることが多い方ですと臭いも強くなってしまう傾向があります。

 

その他にも臭いを強くする要因は色々ありますが、そういった部分への対策をすることで臭いの発生を軽減できる可能性もあるのです。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを除菌↓

チチガ,対策,治療

 

チチガが状態で授乳すると子供がワキガになる?

暑い季節になると、人々が気になり出すのが体臭です。汗をかきやすい季節にあって、より身体の臭いが気になり、体臭のケアに念入りになります。

 

チチガ,対策,治療

 

そのような時期に特に辛くなるのが、ワキガを持っている人です。汗の量とワキガ菌の繁殖がしやすいため、よりワキガ臭が強くなりがちです。

 

そんなワキガのひとつに、乳首からワキガの臭いを発するチチガと呼ばれるものがあります。

 

ワキガのメカニズムは、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺のうち、アポクリンから分泌される汗に、ワキガ菌が増殖することで独特な強い臭いを発します。

 

このアポクリン腺は脇の下以外にも、へその周辺、性器の周辺、乳首などにも存在するため、それらの部位にもワキガと同じ臭いを発することがあるのです。

 

また、性器の周辺のワキガを裾ワキガ、乳首のワキガをチチガとも呼ばれています。

 

女性がチチガになったときに気になるのが、授乳をすることで子供にワキガが移ることです。

 

確かに、授乳するときには直接乳首を口にくわえるため、口からワキガ菌が入り込んで移ってしまいそうな気がします。

 

しかし、このことで移るということはありません。しかし、授乳で移るというよりは、遺伝的に移る可能性は非常に高い確率であります。

 

チチガ,対策,治療

 

両親がワキガ体質ですとおよそ75%、片親だけの場合でもおよそ50%の確率で子供に遺伝すると言われているのです。そのため、授乳からではなく、遺伝するということで子供もワキガになりやすいのは事実です。

 

ワキガが発症しやすいのは、思春期の9~15歳くらいのときです。第二性徴のときに、ワキガ菌の餌となる汗を分泌するアポクリン腺が発達するため、このときに発症することが多くなるのです。

 

男性よりも女性の方が身体の発達が早いため、比較的早めに発症することがあります。そのため、両親にワキガがある場合は、特に子供の思春期の時期には、良く観察してそのことで悩んでいないか、気にかけるようにした方が良いでしょう。

 

チチガ,対策,治療

 

チチガは、女性にとって大きな悩みとなることがあります。男性と違って女性はブラジャーを身に付けるため、蒸れやすく湿度が高くなりがちなので、ワキガ菌の温床になりやすいのです。

 

すると、男性よりも強いチチガの臭いを発することがあります。この臭いは、ブラジャーや上半身の衣類に移って取れなくなってしまうことがあるため、特に汗をかきやすい時期には頻繁に着替えをして対策をすると良いでしょう。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを除菌↓

チチガ,対策,治療

 

チチガの治療の種類とそれぞれのデリットデメリットと費用

人はみんな何かしらの悩みや問題を持っていて、それが大きくても小さくても、それと向き合って生きているものです。

 

そんな悩みのひとつに、ワキガがあります。ワキガは早ければ、思春期の9歳から15歳くらいの間に発症することが多くあります。

 

それは、ワキガの臭いを発生されるもとになるアポクリン汗腺が、第二性徴とともに発達することによります。

 

チチガ,対策,治療

 

中でも女の子は、男の子と比べて身体が発達するのが全体的に早い傾向があるため、ワキガの発症も早いことが良くあります。

 

それから、ホルモンバランスの変化が大きいときにも、体内のバランスの変化に伴ってワキガを発症させることがあるため、初潮を迎えるときには女性ホルモンの分泌量が急激に多くなることから、同時にワキガを発症させることもあるのです。

 

アポクリン汗腺は、身体のいくつかの部位に集中しています。その部位とは、脇の下、乳首、へそ周り、性器周り、お尻の穴の周りです。

 

そのため、これらの部位には、脇の下のワキガと同じようにワキガ臭を発症することがあります。脇の下の臭いをワキガと呼ぶように、乳首はチチガ、性器は裾ワキガ、お尻の穴はケツガとも呼んでいます。

 

チチガ,対策,治療

 

そして、ワキガを持っている人は多分それ以外の部位にも併発させることが多くあるのです。

 

このうち、女性特有のものと言えば、チチガと裾ワキガです。これらは男性にも発症しますが、女性の方が臭いが強いことが多いのです。

 

チチガの場合は、女性はブラジャーを着けるため、蒸れやすく、細菌の温床となりやすいのです。

 

ワキガはアポクリン汗腺から分泌される汗と細菌がまざって発せられる臭いなので、ブラジャーをつける女性の方がチチガの臭いを発生させやすいということです。

 

また、裾ワキガでも、女性の方が密着した下着を使用することから湿度が上がりやすいということと、生理やおりものの臭いと混ざることで、より臭いが強くなるという特徴あるのです。

 

このことから、女性の方がチチガと裾ワキガについて悩みが深くなることが多いです。これらの部位は、性の象徴であるため、男性に嫌われやすくなりがちです。

 

チチガ,対策,治療

 

そのため治療を望むことも少なくありません。治療の方法としては、ペアドライという切らない治療法と、超音波メス法という切る治療法があります。

 

ペアドライは、超音波で臭いのもととなる汗腺を破壊する方法で、痛みを伴わず傷跡も残らないというメリットがあります。しかし、一回辺りおよそ33万円という高額な費用がかかるというデメリットもあります。

 

一方の超音波メス法は、費用はペアドライに比べて格段に安く済みますが、術後に痛みがあったり、抜糸を含めて数回の通院が必要になるなどのデメリットがあります。

 

治療を望む人は、これらの情報をもとに、自分にあった方法を良く検討して臨むようにしましょう。

 

チチガの味は苦い?男女によって違うの?

汗を良くかいてしまう季節に心配になるのが、身体から発せられる臭いです。汗は人間にとって、体温を調整してくれる大切な機能なので、それ自体には何も悪いことはありません。

 

しかし、汗による臭いによって、周りに迷惑をかけていたり、嫌な目で見られたりすることがあるため、気にすることが多くなるります。ワキガを持っている人は、特に気になることでしょう。

 

チチガ,対策,治療

 

ワキガは、色々な部位から発生することがあります。一般的には脇の下から発生する臭いのことだという認識が多くなりますが、ワキガ臭を発生させるもととなるアポクリン腺は、脇の下だけではなく、へその周辺や乳首、性器周辺、お尻の穴周辺などにも集中して存在するため、これらの部位からもワキガ臭を発生させることがあるのです。

 

そのうち、乳首に発症したものをチチガと呼んでいます。チチガは、男女共に発症することがありますが、特に女性は悩みが大きくなることがあります。その理由は、女性はブラジャーを着けることが原因です。

 

チチガ,対策,治療

 

そもそもワキガ臭は、アポクリン汗腺から分泌された汗と、細菌が混ざることで発生させる独特な臭いです。そしてこの細菌は、湿度の多いところを好む習性がありますので、ブラジャーによって蒸された内部は湿度が上がり、細菌が増殖しやすいのです。

 

このことから、女性の方がチチガの臭いを強くさせてしまう傾向があり、男性以上に悩むことが多いということです。

 

またチチガは、自分で気づかないこともあります。セックスの時にパートナーが乳首を舐めて、臭いや味によって相手が気づき、知らされることも多々あります。

 

では、チチガの臭いや味とは、いったいどんなものなのでしょうか。臭いに関しては、脇の下のワキガと同じような臭いであることもありますし、玉ねぎの腐ったような臭いであることもあります。

 

味に関しては、玉ねぎのような味を感じることもあれば、酸っぱい、苦いと感じることもあります。一般的には、苦いと感じることが多いようですが、男女による明確な臭いや味の違いはありません。

 

チチガ,対策,治療

 

男女の違いというよりは、個人差があるということです。それは、普段良く食べる食物の違いであったり、体質の違いが関与しているからです。

 

セックスの時に、パートナーに嫌われてしまわないか心配になってしまいますが、対策としてはまず、セックスの前にシャワーできれいに洗い流すことです。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗は、それ自体は臭いがするものではないため、細菌を洗い流すことでだいぶ臭いは緩和されます。また、経口毒のないデオドラント製品を利用することも良いでしょう。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを除菌↓

チチガ,対策,治療

 

チチガを手術で治療するデメリット

乳首周辺から臭いが出ている場合、それはチチガの可能性があります。ワキガと同じで独特の刺激臭が出てしまう症状です。

 

改善する方法としては手術を受けることですが、手術は効果的に治せるというメリットがある一方でデメリットもあります。

 

チチガ,対策,治療

 

デメリットとしてはまず切る手術の場合ですと傷跡になってしまう可能性があることです。切るといっても大きく切開することはありませんが、それでも多少は皮膚を切りますからそこが跡になることがあります。

 

一見して大きく目立ってしまうことはないものの、しかしながら跡があることによって気になってしまうかもしれませんし、見る人が見ればチチガの手術をしたことがバレてしまう可能性もあります。

 

切る場合ですと術後しばらくは入浴ができないのもデメリットです。シャワー程度なら問題なく行うことができるものの、ある程度は生活を制限されてしまうことがあるのです。

 

切らずに済ませる方法もありますが、まず手軽な治療法に注射治療が挙げられます。これはボトックス注射と呼ばれるもので弛緩作用のある薬剤を注入します。

 

チチガ,対策,治療

 

それによって臭いを出難くするというものですが、注射を打つだけで良いので簡単なのがメリットです。

 

しかしながら注射治療ですと一時的にしか効果がないのがデメリット。根本からチチガを良くするものではありませんから、定期的な治療が必要になってしまうのです。

 

一回当たりの施術も安くありませんから、長期的に見るとコストになってしまう可能性があります。

 

チチガ,対策,治療

 

切らない方法に電気凝固法も挙げられます。そもそもチチガが起こる原因はアポクリン汗腺と呼ばれる器官が原因になっているのですが、この治療では問題のアポクリン汗腺を凝固させることができます。

 

それによって臭いを抑えることができるものの、しかしながら持続性が低いのがデメリットです。ですからやがては元の状態に戻ってしまう可能性があります。

 

切らずに済ませる方法にその他にも超音波によってアポクリン汗腺を破壊するという治療も挙げられます。

 

これは特に推奨されている治療法であり、元から汗腺を破壊することできますので半永久的な効果に期待ができるのがメリットです。

 

ただデメリットとして高い費用が掛かってしまうことです。保険適用がされない治療法となっている為に30万円前後の費用が掛かることがあります。

 

しかも1回では効果が出ずに再発をすることもありますから、再度の治療でまた費用が掛かってしまうことがあるのです。

 

チチガをセルフチェックする方法を紹介。あなたはいくつ当てはまる?

チチガかどうかはセルフチェックによって明らかにすることができます。特に多く当てはまる場合はチチガの可能性が高いと言えますので、何らかの対策を講じた方が良いでしょう。

 

セルフチェックの方法にまずワキガやすそが体質の有無についてです。

 

両親にワキガの人がいる場合は要注意。

 

両親のいずれかにワキガ体質の人がいる場合ですと自らもアポクリン汗腺を引き継いでいる可能性がありますし、体質も疑ってみることができます。

 

耳垢が湿っているかどうかもチェックポイントです。問題のない人の場合ですと耳垢は乾燥しています。ところが体質を持っている人の場合ですと、ベタベタとした耳垢が出てしまうのです。

 

なぜベタベタするのかというと、これもアポクリン汗腺から出る汗が原因です。実はアポクリン汗腺というのは耳付近にも存在しています。

 

ですからベタベタしている人の場合はアポクリン汗腺を持っているという証明であり、チチガの可能性も疑われるのです。

 

チチガ,対策,治療

 

下着をチェックしてみる方法もあります。例えば女性の場合、ブラジャーを見て乳首周辺が黄ばんでいる場合は注意した方が良いでしょう。

 

アポクリン汗腺から出る分泌物によって変色していることがありますのでチチガ体質の可能性があるのです。

 

分かり難い場合はブラジャーの中にティッシュを入れてみて一日過ごして判断することもできます。体質を持っている場合はティッシュが黄ばみますので試してみると良いでしょう。

 

下着を嗅いでみて独特の刺激臭がある場合も注意が必要。下着を着けていると臭い移りをしてしまうことがありますので、下着から刺激臭を感じることもあります。

 

チチガ,対策,治療

 

ですから鼻を近付けてみてチェックすることで分かるかもしれません。ただし、臭いが出てしまうのはチチガが原因になるだけでなく、食生活や生活習慣の乱れによるものの場合もあります。

 

以上のようなセルフチェックによって体質を調べることができますが、沢山該当する場合はチチガ体質の可能性が高いと言えるでしょう。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを除菌↓

チチガ,対策,治療

 

チチガの改善方法にはどんな方法があるの?

ワキガと同様に異臭が発生する症状にチチガがあります。これは乳首周辺から独特の臭いが出てしまう症状ですが、ワキガと同じくアポクリン汗腺と常在菌によって発生しています。

 

対策方法もありますが、まずミョウバン水を用いた方法です。ミョウバンには消臭作用がありますので、昔から体臭のケアとしても使われています。

 

また、ミョウバン自体、安価に購入することができますから、それほどお金を掛けることなくチチガの改善を目指せます。

 

なおミョウバン水を使う場合、塗布する際にあまり強く擦ったりしない方が良いでしょう。乳首周辺はデリケートなところですので擦ってしまうと出血してしまう恐れがあります。

 

チチガ,対策,治療

 

重曹風呂もチチガの改善に役立つかもしれません。重曹に関しても消臭作用がある為、色々な面で活用されています。また、ミョウバン同様に安価に購入できるのも魅力と言えるでしょう。

 

湯船に溶かして入ることで全身のケアができるのも重曹風呂のメリット。

 

チチガの症状がある場合、ワキガやスソガなどの可能性もありますので、乳首以外のところからも臭っていることがあります。

 

重曹風呂ですとそういった部分も同時にケアすることができますから、他の部位も心配という時にも適しています。

 

食生活を改善するのもチチガ対策の基本です。これはチチガに限ったことではありませんが、普段の食生活と体臭は密接な関係があります。臭いを強くしてしまう食生活が主になっていると体臭も強くなってしまいますので、日頃の食事内容にも気を配った方が良いでしょう。

 

特に脂っこい食事が多い場合ですと、臭いの原因になり易いリポタンパクを増加させることになります。ですから脂っこい食事を好む傾向がある方の場合は注意が必要です。

 

チチガ,対策,治療

 

たばこも良くない習慣です。たばこ自体、独特の臭いがありますのでそれと体臭が混ざることによって異臭が強くなってしまいます。

 

また、喫煙をすると交感神経が刺激されてしまいますが、交感神経は発汗との関連性があります。つまり喫煙によって汗の量が増えてしまい、それによって体臭が強くなることがあるのです。

 

特にヘビースモーカーの方は体臭が強くなり易いと言えますから注意した方が良いでしょう。

 

重度のチチガの場合は病院で治療を受けるのもひとつの選択肢です。元から改善することも可能であり、重度の症状でも良くできます。

 

産後でチチガになる事もある?出産を期に変化の体調の変化

女性は出産を終えた産後に、チチガを発症させることが良くあります。産後には、出産前と比べて体調に変化が起きます。

 

特にホルモンバランスが変化することで、ワキガになったりチチガになることがあるのです。

 

産後だけではなく、思春期にも発症することが多くなります。ちょうど生理がはじまるときには、ホルモンバランスが大きく変わるからです。

 

女性は男性とは違い、ホルモンバランスが絶えず変化をしているので、体調の変化と共にワキガの臭いが強まることが多いのです。

 

女性にとってチチガは、男性以上に深い悩みとなることがあります。特にセックスをする場面では、胸は女性性の代表的な存在であることから、男性の好きなパーツでもあり、そこから臭いを発生することで嫌がられてしまわないかという心配があるのです。

 

残念ながらチチガの臭いを完全に消す術はありませんが、シャワーなどでワキガ菌を洗い落とすことで、ある程度の時間、臭いをかなり抑えることができます。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを除菌↓

チチガ,対策,治療